Skip to main content
HOME>タグ: 宮城蒸留所

竹鶴氏生誕120周年の記念ウイスキーが発売されるらしい

込められた想い。長い歳月が紡ぎ出した香りとコク。ニッカウイスキー宮城峡蒸留所の工場見学に行ってからというもの、ウイスキーに対する想いがかわりました。安キャバで飲む「ウイスキー水割り」も悪くはない。けれど、もっと丁寧に、じっくり、ゆっくり味わうのがウイスキーに対する敬意なのだと感じているのであります。

続きを読む

ニッカウイスキー宮城蒸留所 工場見学に行ってきた

「ウイスキーは自然の中で作られる」との考えに基づいて建設された宮城蒸留所。竹鶴政孝は自然の地形、樹木を極力そのままの姿で残すよう指示したといいます。それから、建物は煉瓦造りにすること。電線・ケーブル類は埋設しないことも。
そうした信念の素晴らしさもさることながら、竹鶴政孝の思いが今もなお引き継がれていることに関心しました。歴史を感じます。

続きを読む