Skip to main content
HOME>仙台のこと>惣菜>『主婦の店 さいち』やっと手に入れた五目煮の味と感想

『主婦の店 さいち』やっと手に入れた五目煮の味と感想

さいち社長著「売れ続ける理由」を読んでからというもの一度は食べたい代物となったさいちの五目煮。仙台市秋保『主婦の店 さいち』で買った惣菜など5品の時は、さいちの人気を甘く見ていたので空振りに。そんな、経緯もあってやっと五目煮にありつけました。

五目煮

20140204_1

これが食べたかった五目煮です。¥750。

20140204_2

盛り過ぎじゃね? トレーからこぼれ落ちる程、詰め込まれラップがパンパンになっています。

20140204_3

皿に盛り付けたら、ラップがパンパンになるまで詰め込まれた煮物の量と種類の多さに驚きました。

20140204_4

『五目煮』の名前から5種類の煮物が入っているんだろうと連想してましたけど、いやいや違う。
たまご、しいたけ、たけのこ、玉こんにやく、糸こんにゃく、だいこん、さといも、こんぶ、さつまあげ、あぶらあげ、ふき(たぶんこれくらい)。人気商品だとは言え「惣菜の煮物で¥750はちょっと高いんじゃない」という印象がありましたけど、この量と具材の種類の多さには敬服致しました。高いとか安いとか、そういう感覚を忘れる程「満足度が高い一品」でございました。煮物だけでも食卓が豪華になります。

20140204_5

その量の多さはですね、わが家の大皿(直径30cm弱)にはおさまりきらず、もう一つ皿を使うレベルです。
煮汁を吸ったこんにゃくが少ししょっぱかったと些細な注文はありますけど、問題にするようなことではありません。美味しい。ブラボー。五目煮よ永遠に。

エビフライ弁当ほか1品

さいちに行くなら午前中が勝負。おはぎも惣菜も同じです。おそらく、いつ行ってもその時店内にいるお客さんの8割以上が、おはぎと惣菜の棚の間にいます。
この日は、五目煮のほか昼飯用の弁当も。

20140204_7

これは私が食べたエビフライ弁当。420円。大きなエビフライに添えられたレモンの厚さにびっくり。惜しみない厚さです。
そしてコンビニ弁当との決定的な違いが添加物を使用していないこと。さらに、おそらく五目煮等と一緒に作られているんじゃないかと感じている煮物が添えられていること。ボリュームは女性にぴったり、でも男性にはものたりないというところですが、500円切ってるからスゴい。

20140204_6

子ども達はちらし寿司。330円。ミニサイズなので子ども達にぴったり。美味しいですよ。

おかず2品

20140204_8

なめこのおひたしもツボに入りました。私、なめこもわかめも好んで食べないんですけどガッチリ効いた生姜の味が美味。おいしくいただきました。200円でした。

20140204_9

こちらはサンマの竜田揚げ。200円。ふつーに美味しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Amazonでの検索結果はありませんでした。

惣菜の最新記事