Skip to main content
HOME>仙台のこと>ラーメン>幸楽苑ユーザーが『もちもちの木味噌ラーメン』を食べた感想

幸楽苑ユーザーが『もちもちの木味噌ラーメン』を食べた感想

いつも横目に見ながら通りすぎていた『もちもちの木』。その魚介の風味が鮮烈過ぎるあまり、つたないラーメンアーカイブスの中で、最もわかりやすい味のラーメンと言える。『パンチの効いた魚介』。これがキーワードですな。香り立つ魚介の風味を思い出すとまた行きたくなるのです。

強烈魚介スープ

20140504_1

下調べ一切なし。メニューのトップから眺める。『強烈魚介スープともちもちとした麺がよく合います』。もちもちの木をコンパクトにまとめれば、このとおり。異論はないと思います。

食べて納得『魚介の風味』

20140504_3

梅干しを見るとツバが出る。誰でもそんな経験があると思います。
そして、もちもちの木を一度経験した人には共感してもらえると思いますが、上の写真を見ると『魚介の風味』が脳内に広がる(ヨダレもでる)。

20140504_4

家内が注文した一品。

20140504_5

ハシで麺を持ち上げた際にたちのぼる『魚介の風味』がいい。魚介の旨味がいい。上の家内が注文したヤツ(メニュー名忘れた)より、味噌ラーメンのほうが旨い。わかりやすくって断然イイ。

リピートしたい

20140504_6

繰り返し『魚介の風味』を連呼してしまいました。それだけ、わかりやすい味と言えますでしょうか。
子どもメニューが用意されていないというのが少し残念ではあります。でも大きな問題ではない。

ひそかに愛子ラーメン街道の全店制覇を目論んでいる私。まだ愛子界隈にひしめくラーメン店のうち、まだ数軒しか行っていないが、もちもちの木はいきなり上位にランキングされたこの後もその座はゆるがない、ような気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Amazonでの検索結果はありませんでした。

ラーメン | 仙台のことの最新記事