Skip to main content
HOME>子育て>V-DRUMS>電子ドラム(ローランドV-DRUMS)を買う前にはっきりと決まっていたこと

電子ドラム(ローランドV-DRUMS)を買う前にはっきりと決まっていたこと

電子ドラムを買うならコレ。と、はっきり決まっていたことがあります。それはローランドのV-DRUMSにすること。 一応、楽器屋さんの店頭にあったヤマハも試しましたけどね。ローランドの良さを確認するために試したようなものです。買うならローランドV-DRUMSの一点張り。その理由は以下のとおりです。

1⃣BOSS(ローランド)が好きなので

20140217_14

元来、BOSSブランド(ローランド)が好きなんです。 ギターのエフェクターは、ほぼBOSS。

20140217_15

DTMをかじった頃はミュージ郎SC-88Pro。

電子ドラムで言えば、ローランドの有力な対抗馬はヤマハDTXですよね。間違っていたら申し訳ありませんが、電子ドラムを最初に発売した国内メーカーはヤマハだったはず。パッドを叩くと音源が鳴る「ヤマハDTX」はドラムを叩かない私でさえ興味を抱く革新的な電子機器(楽器)でした。

それ以上にローランドV-DRUMSの登場は、ヤマハDTX以上に衝撃的でした。 仙台市内の楽器店で、V-DRUMSとV-GUITARのデモ(プロ演奏、誰だったか忘れた)を聞かせてもらうことがありましてね。プロの演奏だから演奏自体は上手なのは当然なのですが、PAから耳に届く音がリアルなのに驚きました。 音源の他にも、DTXのゴムパットに大きく水をあけるメッシュパッドにびっくり。「これは生ドラムじゃない」と言われれば認めざるを得ませんが、DTXのゴムパッドにはない自然な打感がいいんです。

2⃣メッシュパッドなので

20140217_11

上に書いたとおり、ローランド好きなのでV-DRUMSを選ぶことは私にとって当然のことなのですが、強力な決定要因はメッシュパッドです。V-DRUMSのメッシュパッドを知った当時から、見て叩いて、将来電子ドラム買うならローランドだなと決めていたようなものです。

20140217_12

正式にはVパッドと呼ばれています。

Vパッド<Roland Vドラム総合カタログ2013 Vol.2より引用>
繊細な演奏ニュアンスまで検出する高性能センサー付きパッド、それがVドラムのVパッドです。スネア・ドラムではダイナミクスや打点位置に応じた音色変化、プレス・ロールなどの表現が思いのまま。ヘッド・ショットからリム・ショットへのスムーズな音色変化、リムにスティックをかける深さで音をコントロールできるなど、スネア特有の演奏表現にも適しています。ヘッドには、高度な静粛性を誇る網状素材のメッシュ・ヘッドを採用。心地良い打感で、手首への負担も軽減されます。
20140217_13

電子ドラム(ローランドV-DRUMS)を買う前に悩んだこと3つで書いた「電子ドラムはやらないほうがいい」との指摘に納得しているところもあります。生ドラムでの練習が理想という指摘には同意します。 それでもね、やっぱり生ドラムの大音量が許されない居住環境だと電子ドラムを選択せざるを得ない。「素人だからわからないだけですよ」指をさされればそのとおりですが、メッシュパッドは生ドラムの打感に最も近いと考えての選択です。

3⃣迷いはありませんでした

上に書いたとおり「ローランド一直線」で電子ドラムを選びました。迷いはありませんでしたよ・・・費用をのぞけばね・・・ 電子ドラムを選ぼうとすると、その選択肢はだいたい次のとおりになると思います。

4つのメーカーがあります。

ヤマハの電子ドラムセット。上写真に写るスネア(白いヤツ)はシリコンヘッドと呼ばれているようです。

島村楽器で扱っているジャグという電子ドラム。幼児向けにはいいかもしれない。ただ、それ以上のものにはならないという印象でした。

こちらのカスタマーレビューを見る限り悪いわけでもなさそうだが、実物を見たことがないので、やっぱり未知数なのがメデリ。

自慢話になるようで恐縮ですが、メッシュパッド採用のローランドV-DRUMSは高価な部類となっています。あまり共感してもらえないかもしれませんが、音楽、ドラムを通じて情操教育と運動機能(左手、右手、左足、右足を別々に制御することって脳トレにもなるのかな)の教科になるなら、TVゲームとソフトで細かく出費するよりも良い、という判断もあっての決断でございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ROLAND TD-17KVX-S 電子ドラム ドラムキット
価格:¥185,900
最高値:¥206,800
最安値:¥185,900
概要:楽しみながらスキルアップ出来る ハイグレードモデル
Donner 電子ドラム セット 5ドラム3シンバル 自宅練習 折りたたみ式 オーディオケーブル/スティック付き DED-200
価格:¥47,999
最高値:¥47,999
最安値:¥47,999
概要:【リアルな音色】生ドラムのアコースティックドラムサンプリング音源に忠実で、各音色の詳細を繰り返しテストおよび調整し、音をより現実的で優れたものにし、音の遅延を回避するために極端な衝撃応答を短縮します。 自宅には自由に設置できます
Roland ローランド 電子ドラム V-Drums Kit スネアメッシュヘッド採用 TD-1KV
価格:¥60,500
最高値:¥60,500
最安値:¥60,500
概要:さまざまな音楽ジャンルのドラム演奏が楽しめる、15種類のドラム・キット音色。
MEDELI メデリ 電子ドラム DD401J-DIY KIT ヘッドフォンセット (ドラムスティック/ドラムイス/オーディオケーブル/ヘッドフォン付き)
価格:¥30,352
最高値:¥30,352
最安値:¥30,352
概要:シンバルチョークを標準装備、消音性の高いペダル、強固なラックシステムを採用した電子ドラム「DD-401J」
Roland V-Drums VAD306 フルオプションセット・シングルペダル
価格:¥286,000
最高値:¥286,000
最安値:¥286,000
概要:<キット構成> 音源 : TD-17 × 1 スネア : PDA120LS-BK × 1 タム1 : PDA100L-BK × 1 タム2 : PDA100L-BK × 1 タム3 : PDA120L-BK × 1 ハイハット : VH-10 × 1 クラッシュ1 : CY-12C × 1 クラッシュ2 : CY-12C × 1 ライド : CY-13R × 1 キック : KD-180L-BK × 1 ドラム・コンビネーション・スタンド : DCS-10 × 3、オール・パーパス・クランプ: APC-30 × 1
Roland V-Drums TD-17KVX-S フルオプションセット 【Pearl製ツインペダル & ハイハットスタンド・マット・イス・スティック・ヘッドホン付き】電子ドラム
価格:¥199,100
最高値:¥199,100
最安値:¥199,100
概要:届いてすぐに始められる充実のフルオプションセット
Roland ローランド 電子ドラム V-Drums Kit TD-1K
価格:¥45,000
最高値:¥45,000
最安値:¥45,000
概要:さまざまな音楽ジャンルのドラム演奏が楽しめる、15種類のドラム・キット音色。
Roland V-Drums Acoustic Design Series VAD506 + KD-200-MS
価格:¥506,000
最高値:¥506,000
最安値:¥506,000
概要:<セット内容> 音源 : TD-27 × 1 スネア : PDA140DS × 1 タム1 : PDA100-MS × 1 タム1 : PDA120-MS × 1 タム3 : PDA140F-MS × 1 ハイハット : VH-10 × 1 クラッシュ1 : CY-14C-T × 1 クラッシュ2 : CY-16R-T × 1 ライド : CY-18DR × 1 キック : KD-200-MS × 1 ドラム・コンビネーション・スタンド:DCS-10 × 2、ドラム・ブーム・スタンド:DBS-10 × 1、オール・パーパス・クランプ: APC-10 × 1
Roland V-Drums TD-27KV-S Ultimate w/KD-120 ツインフルオプションセット
価格:¥402,600
最高値:¥402,600
最安値:¥402,600
概要:【キット構成】ドラム・サウンド・モジュール:TD-27 × 1、スネア:PD-140DS × 1、タム:PDX-100 × 3、ハイハット:VH-13 × 1、クラッシュ1:CY-12C × 1、クラッシュ2:CY-13R × 1、ライド:CY-18DR × 1、キック:KD-120BK × 1、ラック:MDS-STD2 X 1
【純正ドラムマット/TDM-10セット】Roland (ローランド) V-Drums Kit TD-1 Double Mesh Kit TD-1DMK 電子ドラム
価格:¥94,100
最高値:¥94,100
最安値:¥94,100
概要:スネアとタムすべてにローランド独自のダブル・メッシュ・ヘッドを採用。ヘッドは好み のテンション(張り具合)に変えられるほか、抜群の静粛性と自然な打感を実現。

V-DRUMSの最新記事

読まれている記事