Skip to main content
HOME>雑木の庭>2016雑木の庭から>【築3年目】主が見ている中,堂々とヤブランの実を食いやがったこの鳥の名は?

【築3年目】主が見ている中,堂々とヤブランの実を食いやがったこの鳥の名は?

見られているのを知っているのかしらないのか。ヤブランの実を食って飛んでいった鳥がいたんですよ。

1⃣鳥をも惹きつける雑木の庭はやっぱり気持ちいい

2月が終わりますね。 今朝も雪がちらつく仙台。まだ寒さは残りますけど,梅が咲いたとの情報もあります。春が待ち遠しいですね。

雑木の庭が見せる春の芽吹き。庭に生命力が漲る瞬間です。 アオダモ,コナラ,ヒメシャラ。それぞれにツボミが緩みだす。ツボミが白っぽい色になればもうすぐ。「枯れた色」一色だった庭に春がやってくる。

「雑木の庭」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは新緑の緑。くたびれた40代の我々を緑の生命力で引っ張りあげてくれます。人間にとってこんな気持ちいい庭は,小鳥をも惹きつけるだろうな。やってくる小鳥が嫌なケムシを食べてくれたらいいな。

雑木の庭のDIYをはじめてからというもの,こんなことを考えているわたしの庭に,以前,ウレシイ 庭のコナラにコゲラがやってきたことを書きました。コゲラはコナラにとまったあと瞬く間に飛んでいきましたが,ヤブランの実を食っていくこんな鳥もいるんです。

2⃣ヒメシャラの枝から滑降してヤブランの実をパクリ

20160227_1

犯人はコイツです。 ヒメシャラの枝に見慣れない鳥がやってきたことに気付き,即カメラを取り出します。 枝にとまっている姿を撮るには間に合わず,カメラを構えた時には滑降してヤブランの傍へ。

20160227_2

何をするのかと思えば・・・

20160227_3

ヤブランの黒い実をパクリ(上写真の拡大)。 こいつの名はジョウビタキ。下の本の92頁です。

20160227_4

ご満悦のジョウビタキさま。 ヤブランの実っておいしいの?

3⃣ヤブランの実を食べて力強く飛んで行け

20160227_5

冬鳥に分類されるジョウビタキ。わが家のヤブランの実を食べたことだから,きっと力強く飛んでいけることでしょう。 さて,朝メシくったら,どこ行こうかなぁ。

実は,この記事を書いた後もう一度ジョウビタキがやってきました
さっぽろ野鳥観察手帖-亜璃西社
定価:¥ 2,200
新品の最安値:¥ 2,200
中古の最安値:
見つけて楽しむ身近な野鳥の観察ガイド-緑書房
定価:
新品の最安値:¥ 1,980
中古の最安値:
ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑-ナツメ社
定価:
新品の最安値:¥ 1,650
中古の最安値:
新・山野の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑-日本野鳥の会
定価:¥ 660
新品の最安値:¥ 1,501
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

2016雑木の庭からの最新記事

読まれている記事