Skip to main content
HOME>雑木の庭>2016雑木の庭から>【築3年目】アジサイのココが嫌だという方にお勧めしたいのがオオデマリ

【築3年目】アジサイのココが嫌だという方にお勧めしたいのがオオデマリ

意外や意外。 白く大きな花を咲かせるオオデマリを見てたらお勧めしたくなりました。 アジサイを植えようかと悩んでいる方にピッタリ。

1⃣オオデマリとの出会い

100万本の森づくりに参加

いつからはじまったか不明。だが,ありがたい事業。それが,仙台市による「100万本の森づくり」の一環として,なんと,人生の節目となる結婚や子供の誕生,賀寿,住宅の購入などを記念して「記念樹」プレゼント。 複数の樹種から選ぶ方式の記念樹プレゼント。わが家もプレゼント条 件に該当する人生の節目を迎えた時には利用させていただいており,記念樹をいただくと同時に100万本の森づくりに参加(ちなみに,選べる樹種が毎年同じということはないもよう)。 2015年。 この年,市からいただいたのがオオデマリでした(この記事のとおり,繰り返し行った仙台植木市で頂きましたよ)。

オオデマリの印象

オオデマリには申し訳ないが,正直なところ何の期待もしていませんでした。 なぜなら,当時,既に夫婦間の小競り合いの火種だったので,オオデマリを推してくる奥さまの言うとおりに選んだわけです。

2⃣オオデマリの花が白くなる前と白くなった後

20160516_1

そんなふうに見ていた,何一つ期待していなかったオオデマリが見事に雑木の庭に溶け込んでいる。 上写真は,今年5月5日に撮った一枚。言うまでもなく,木々の生長は連続しているので,春先の変化を段階的に区別するのは避けるべきかもしれませんが,上写真の状態は既に,①ツボミを付ける。②芽吹く,③ツボミが膨らむ,④緑色の花びらが白くなる,の4段階目。もう花びらに白色が見られますが完全に白になる直前の4段階目。

白くなった後

20160516_2

上写真の状態からたった二日後。花びらが白くなり大きな手毬。 その名もオオデマリな花が咲きました。 ビューティフォー。

3⃣アジサイのココが嫌だという方にお勧めしたい

アジサイの花は好き。 ただ,花が落ちてからの状態が好きになれない。アジサイに限ったことではないが,枯れてしまった枝木からは寂しさのオーラが放たれている。どうしようもないことだけど,年間を通じて枯れている状態が長いと感じる庭木は避けてしまう。 その点,オオデマリはいい。 アジサイに似た花は,しっとりとした雰囲気をもっている。雑木の庭にもよく溶け込む。 そして,わたしが最も嫌う花を落とした後の状態にさほど見苦しさを感じない。 いいではないかオオデマリ。いいぞオオデマリ。

こんな経験を振返ってみると,雑木の庭を造るための基本的な樹種選定を誤らなければ,この本に紹介されていることに固執しなくともいいんですね。

ジャストインケース―終わりのはじまりできみを想う-理論社
定価:
新品の最安値:¥ 1,430
中古の最安値:
庭木苗:赤花オオデマリ(ジェミニ)-遊恵盆栽
定価:
新品の最安値:¥ 990
中古の最安値:
庭木・植木:赤花オオデマリ(ジェミニ)* 大株!-遊恵盆栽
定価:
新品の最安値:¥ 3,300
中古の最安値:
オオデマリ(大手鞠 テマリバナ) 白花 植木 花木 苗木 落葉低木-Only One Club
定価:
新品の最安値:¥ 13,640
中古の最安値:
ビバーナム メリーミルトン 3年生苗-ぐりーんべりぃ
定価:
新品の最安値:¥ 1,540
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

2016雑木の庭からの最新記事

読まれている記事