Skip to main content
HOME>雑木の庭>2015雑木の庭から>春先のアオダモ,コナラ,アカシデの様子を夏の終わりに懐かしむ

春先のアオダモ,コナラ,アカシデの様子を夏の終わりに懐かしむ

このブログにウソは書いていない。ので,2014年にエントリーしたこの記事で「1年前にアオダモを植えた」旨を刻んだ2013年が,わが家の「雑木の庭”元年”」だ。いくつかの雑木を植えてから,通年の変化を2度経験しようという時期にさしかかっている。撮りためた写真を見ながら,春先のアオダモ,コナラ,アカシデの様子が懐かしく感じられた。

アオダモ

雑木の通年の変化を2度経験したばかりなので,もしかしたらこの先,感じ方が変わるかもしれないが「春先の芽吹き」が一番好きだ。 樹種を問わず,芽吹きの力強さが寒さで縮こまった自分の体に活力を与えてくれる。

20150820_1

写真はアオダモの花。花が咲く少し前の状態を写した写真はこちらの記事のとおり。もしご覧いただけたのなら,ついでに想像していただければと思います。 玄関を出て数歩。 庭先でこうした変化に触れられる。寒さの和らぎとともに蕾(つぼみ)が膨らみ花が咲く。

20150824_2

上写真の撮影時間を見たら朝6時過ぎ。 撮影した日が休日だったか平日だったかは忘れてしまったけれども,朝日を浴びるアオダモは,思わず早朝にカメラを持ち出させる程の美しさだったのであります。 アオダモ越しに見るわが家もイイではないか。

コナラ

20150824_3

上のアオダモを植えて1年後。さらに追加したのがコナラと下のアカシデ。 わが家の場合,日照の影響なのか真っ先にアオダモが芽吹き,次いでコナラやアカシデが葉をつける。 コナラに上写真のような柔らかな葉が出てくると,より強烈に春を感じるのだ。

アオダモ,コナラ,アカシデの3種でケムシ発生率を比較すると,去年はコナラが圧倒的1位でした。 今年は去年の経験から特にコナラのケムシ被害撲滅を徹底し,見つけたらワリバシで捕まえてエイっと(ゴメンナサイ)。 去年よりは非常に数が少ない。ケムシ発生に備えて軽めにふった防虫スプレーの効果なのか。

アカシデ

残念ながら去年,病気にかかったアカシデはいまひとつ勢いに欠けるところがある。 その病気は,おそらく「スス病」のはずだ。 幹から枝にかけてアカシデ全体にアリがついてしまった。無知なためその状態を放置してしまったが,群がっていたアリはおそらくアブラムシを追っていたのだ。しばらくすると,葉に黒いススが着いた状態となった。

それからアカシデだけは植える場所を誤ったと後悔しているところがある。植える場所は脳内シュミレーションの結果,最適な場所を選んだはずだったが,なんとなんと庭の中で西日が長時間当たる場所にしてしまったのである。こんなことから,去年は早々に葉を落としていたアカシデ。

20150824_4

春,最も心配したアカシデだったけれど,上写真のように葉を付けてくれました。

20150824_5

アオダモにもコナラにも負けない堂々とした姿に胸を撫で下ろしました。

ケムシや病気に遭遇し未知の経験をしながらも,わが家の雑木達は見事に冬を乗り越えた。 そしてまた春先の姿を記録した写真は,夏枯れしている主(わたし)に対してさえ活力を与えてくれる。 もう少し季節が進めば落葉樹の紅葉が待っている。 庭で見る紅葉の美しさに期待を込め,日々の仕事を頑張ろうか。そんな前向きな気持ちにしてくれるのも雑木の庭のいいところだ。

2015雑木の庭からの最新記事

読まれている記事