Skip to main content
HOME>仙台から行く旅行>新潟・富山界隈>【仙台→新潟】長岡花火1日目(のどぐろ丼を目指す)

【仙台→新潟】長岡花火1日目(のどぐろ丼を目指す)

1⃣のどぐろ炙り丼「かながしらの醤油」か「藻塩」か

「かながしらの醤油」か「藻塩」か。 わたしは「藻塩で食べるのが好き」

甲乙つけ難い。 が,シンプルに塩で食べたほうがこの高級魚の味がひきたつ。 ほろっと柔らかく解けてしまう身。 そこからあふれ出る極上の脂。うま味。 炙った香ばしさがたまらない。 この高級魚を味わうなら絶対に「藻塩」だ。

2⃣長岡花火1日目 絶品のどぐろ炙り丼をランチの目玉に

義理の両親に新潟の美味しいものをご馳走したくて

「えっ,並んでるよ(悲)」 「大丈夫ですよ」と行列の先頭に割り込む。 義母と行列のみなさんが発する「何だアイツは視線」を背中に受け,人気店の玄関をあける。 「えっ,予約してたの」 その通り。 通された1階奥の小上がりに待ち時間0分で座る優越感。

昨年,長岡花火フェニックスの感激を伝えたところ,行ってみたいというので今年は義理の両親をエスコート。せっかくだから,新潟未経験の両親にこれまでの感謝を込めて,新潟の美味しいものをご馳走したい。

滅多にない親孝行。 リサーチを続ける中,見つけた以下の情報から「のどぐろ炙り丼」を知る。 その瞬間,「のどぐろ炙り丼」が長岡花火1日目の目玉に決定。

のどぐろ炙り丼を食べられるお店一覧 : 旬の地魚と魚醤で味わう新潟の丼 越後すし丼
http://www.niigata-sushi.com/don/detail/index2.html

3⃣鮨割烹「丸伊」 極み寿司ものどぐろ炙り丼も美味かった

ここは鮨割烹「丸伊」。 (長岡花火の数日前に放送されたブラタモリで紹介の「鍋茶屋」のすぐ近く) 予約時間に遅れるのはもってのほか。 人気店への配慮を忘れず,12時過ぎの予約時刻に18分早く着く。 そのかいあってか,じいさん,ばあさんを行列に並ばせることなくスムーズに入店できた。 注文後は手早く注文のメニューが届く。 何から何までスムーズ。入店時に味わった恍惚の優越感はこの時も持続している。

20160828_2

こちらの意気込みとは裏腹に,両親の注文はのどぐろ炙り丼ではなく寿司「極み」。 並,中,上。さらに上を行く特上を超える寿司「極み」は,その日とれた新鮮な地魚による上写真のラインナップ。 のどぐろ炙り丼でなくてもいい。とにかく美味しい笑顔がこぼれていたのがウレシイのだ。

20160828_3

そして到着。本命「のどぐろ炙り丼」。

【仙台→大阪・京都・滋賀・石川】4日目(近江町市場,いきいき亭)

のどぐろにお目にかかるのはこの市場のいきいき亭以来。 炙られた切り身からあふれ出る脂。 どんぶりにはレモンと山葵。 別の小皿には「かながしらの醤油」と「藻塩」が。 さて,どの味の組合せで食べようか。 贅沢な自由選択の結果,「藻塩でシンプルが1番」という結論。。 (冒頭のとおりです)

4⃣参考情報:「かながしらの思い出」と「のどぐろ(あかむつ)」

かながしら

20160828_1

昔,仙台駅前の居酒屋チェーン店で「かながしらの唐揚げ」をいただいた。 たしか,キャンペーンのサービス品だった。酔った勢いもあっただろうか。かながしらの頭をガブリとやったら,骨っぽくて食べられなかった。そして戦意喪失。身をほぐして食べる気にはなれなかった。 この「かながしら」。遠地,新潟では醤油をとる材料となっている。 調べてみると「かながしらの醤油漬け(干した後,焼いて食べる)」があるようで,何とも美味そう。

のどぐろ(あかむつ)

三陸でとれる特徴的な海の幸にはホヤがある。 このホヤ,日本海では育たないと聞く。 日本海と太平洋。 ホヤのようにとれるもの,とれないものの話になると話題に上るのは岩ガキとカキ。 さて,のどぐろ(あかむつ)はどうだろうか。

20160828_4

いわずと知れた高級魚「のどぐろ」。 ピア万代で見た両者の価格も違う。 のどぐろ(生魚,上写真)とのどぐろ炙りのにぎりのお値段を知ると,丸伊さんの「のどぐろ炙り丼」はお安い(妥当な)お値段にも感じられますな。

港ダイニングしおそう のどぐろ 干物 一夜干し 浜田 約200-250g×2尾 特大サイズ 約24cm 島根県産 ノドグロ
価格:¥4,880 (¥2,440 / 個)
最高値:¥4,880 (¥2,440 / 個)
最安値:¥4,880 (¥2,440 / 個)
概要:【島根県産「のどぐろ開き」】本品のノドグロ干物製造工場は日本海に面する山陰地方島根県浜田市にあります。ノドグロが市の魚に制定されており、浜田沖で獲れるものは非常に脂乗りが良いと言われております。また、浜田沖は日本でも有数の漁場であり、特に重要な漁港である証として、島根県浜田湾は「特定第3種漁港」に定められております。
のどぐろ ほぐし 50g
価格:¥1,338
最高値:¥1,338
最安値:¥1,338
概要:原材料:原材料 のどぐろ(アカムツ)、食塩、植物油(大豆を含む)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V,E)
港ダイニングしおそう のどぐろ 干物 訳あり 一夜干し 浜田 1kg 約20-30尾 島根県産 ノドグロ
価格:¥2,580 (¥3 / g)
最高値:¥2,580 (¥3 / g)
最安値:¥2,580 (¥3 / g)
概要:【島根県産「サイズ無選別のどぐろ開き」】本品はご自宅向けのサイズ無選別の訳あり規格となっております。味はもちろん正規品同様ですので、お試し用やお弁当用に向いております。内容量は合計1kg(約20-30尾)の太陽量となっておりますので食べ応えも十分です。
魚水島 のどぐろ 新潟・日本海産 ノドグロ 400g以上・3尾(生冷凍)
価格:¥11,400
最高値:¥11,400
最安値:¥11,400
概要:「のどぐろ」と言えば、まさに白身のトロ。丸々太っていて脂が乗ってます!!
山口 のどぐろ漬け丼
価格:¥4,536
最高値:¥4,536
最安値:¥4,536
概要:商品内容:のどぐろ漬丼(50g×2)×5P(計10食) ≪アレルゲン(義務品目):小麦≫
鮮度が命!! 活のどぐろ1kg(アカムツ)
価格:¥7,725 (¥8 / g)
最高値:¥7,725 (¥8 / g)
最安値:¥7,725 (¥8 / g)
概要:鮮度が命!!超高級魚「のどぐろ 4・5匹で1kg」
風味絶佳.山陰 島根・浜田港の“無添加”厳選干物ギフトセット「縁」(のどぐろ・アジほか5種入)
価格:¥3,980
最高値:¥3,980
最安値:¥3,980
概要:ギフトにもおすすめの無添加、高級魚のどぐろ入りの厳選干物セット。どんちっちブランドとして全国的に有名な島根県浜田市から産地直送します。
港ダイニングしおそう のどぐろ 干物 一夜干し 浜田 約160-200g×2尾 大サイズ 約22cm 島根県産 ノドグロ
価格:¥4,180
最高値:¥4,180
最安値:¥4,180
概要:【島根県産「のどぐろ開き」】本品のノドグロ干物製造工場は日本海に面する山陰地方島根県浜田市にあります。ノドグロが市の魚に制定されており、浜田沖で獲れるものは非常に脂乗りが良いと言われております。また、浜田沖は日本でも有数の漁場であり、特に重要な漁港である証として、島根県浜田湾は「特定第3種漁港」に定められております。
(ご馳走や叶え)のどぐろ炊き込みご飯の能登一汁三菜セット 2人前 [ミールキット/お取り寄せグルメ/和食] 自宅で高級日本料理
価格:¥9,000
最高値:¥9,000
最安値:¥9,000
概要:【日本料理一筋30年の匠が辿り着いた一汁三菜セット】能登の食材の素晴らしさ、食材を活かす職人の技を、多くの方にお召し上がり頂きたい。その思いを「日本の家庭料理である和食。その究極の一食」という形で表現し、ご家庭でも堪能できるようミールキットに致しました。
風味絶佳.山陰 島根県浜田産 “無添加”のどぐろ干物 70~100g(小サイズ)×5枚入
価格:¥3,980
最高値:¥3,980
最安値:¥3,980
概要:ギフトにもおすすめの無添加、「白身のトロ」とも呼ばれる高級魚のどぐろの一夜干し。どんちっちブランドとして全国的に有名な島根県浜田市から産地直送します。

新潟・富山界隈の最新記事

読まれている記事