Skip to main content
HOME>塩釜・松島>オレ史上,真性「米焼酎」の称号を与えたくなったのは意外にも身近な酒蔵の数量限定品だった

オレ史上,真性「米焼酎」の称号を与えたくなったのは意外にも身近な酒蔵の数量限定品だった

1⃣草取りの疲れを癒す贅沢過ぎる数量限定品

直射日光を浴びた後頭部で発汗した一滴一滴が,頬を伝って数秒おきにあごの先から土に落ちる。 ただでさえ鬱陶しいのに途中,ヤブ蚊にやられる。 汗だくだから一刻も早く済ませたい。 それなのに,ヤブ蚊の執拗な攻撃に作業を中断して逃げ回る。 イライラに拍車がかかる。

20160718_11

日中に超絶鬱陶しい草取りを終えた後,晩飯前に贅沢過ぎる数量限定品を一杯。 くぅ~っ。美味い。

2⃣その名は「浦霞 本格焼酎」

20160718_12

その名は「浦霞 本格焼酎」。 清酒粕を原材料に使った米焼酎。 アルコール分25度だ。

20160718_13

浦霞は言わずと知れた宮城の銘酒。 酒蔵は塩釜にある。 丹精込めてつくられた酒は仙台駅をはじめ多くの売り場で見ることができる。

20160718_14

が,しかし。こいつは違う。 数量限定の本格焼酎はそんじょそこらではお目にかかれない(秘密)。 何より,お土産にいただいたら絶対に喜ばれるであろうスタイリッシュなフォルムが良い。 浦霞醸造元,株式会社佐浦のホームページを拝見すると,本格焼酎に関しては「数量限定商品のため販売が終了している場合がございますことをご了承ください」とのアナウンスも(以下のリンクから見つかるかな)。 やっぱり,仙台駅でお目にかかることは難しいと思う。

3⃣オレ史上,真性「米焼酎」の称号を与えるに相応しい味わい

20160718_15

「清酒粕を原材料」としているキーワードに合致する味わいだ。 芋焼酎には芋の香り。米焼酎には米の香り。 というが,こんなにも米の味わいが深い米焼酎ははじめて。 オレ史上,真性「米焼酎」の称号を与えるに相応しい。

浦霞 純米大吟醸 山田錦 720ml
価格:¥3,690
最高値:¥3,690
最安値:¥3,300
概要:果実のようなふくらみのある吟醸香と柔らかく熟成された込めの旨み
浦霞 純米 (宮城) 720ML 1本
価格:¥1,783 (¥3,566 / kg)
最高値:¥1,783 (¥3,566 / kg)
最安値:¥1,251 (¥2,502 / kg)
概要:浦霞 純米 (宮城) 720ML 1本
浦霞 禅 純米吟醸 (宮城) 720ML 1本
価格:¥2,704 (¥3,756 / l)
最高値:¥5,090 (¥7,069 / l)
最安値:¥2,065 (¥2,868 / l)
概要:浦霞 禅 純米吟醸 (宮城) 720ML 1本
浦霞 本醸造 本仕込み(宮城) 1.8L 1本
価格:¥2,560
最高値:¥5,075
最安値:¥1,897
概要:浦霞 本醸造 本仕込み(宮城) 1.8L 1本
浦霞 生一本 特別純米 1.8L 1本
価格:¥3,250
最高値:¥3,800
最安値:¥2,742
概要:浦霞 生一本 特別純米 1.8L 1本
浦霞・特別限定大吟醸 720ML
価格:¥4,474
最高値:¥4,474
最安値:¥3,850
概要:大吟醸
浦霞 本仕込(本醸造) 1800ml 1本
価格:¥2,156
最高値:¥2,816
最安値:¥1,937
概要:内容量 1800ml、原材料名 米・米こうじ 、種類 特別純米酒 、酸度 1.2 、日本酒度 +1.0~+2.0 、アミノ酸度 1.2 、アルコール度数 15度以上16度未満 、産地 宮城県
浦霞 辛口 純米酒 原酒 720ml×3本 日本酒飲み比べセット
価格:¥4,980
最高値:¥4,980
最安値:¥4,980
概要:セット内容:浦霞 辛口720ml 1本 浦霞 純米720ml 1本 浦霞 原酒720ml 1本 (宮城県内限定流通酒)
獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml
価格:¥3,300
最高値:¥5,972
最安値:¥3,300
概要:内容量:1800ml
浦霞 純米(宮城) 1.8L 1本
価格:¥3,120
最高値:¥5,908
最安値:¥2,438
概要:浦霞 純米(宮城) 1.8L 1本

塩釜・松島の最新記事

読まれている記事