Skip to main content
HOME>塩釜・松島>【絶品】松島に来たらツブとタコを(牡蠣もあります)

【絶品】松島に来たらツブとタコを(牡蠣もあります)

1⃣絶品過ぎる赤間水産さんのツブとタコ

松島観光の中心部からは少し遠い。 それゆえ,大混雑とは無縁。 間口を大きく開けた店舗に腰を下ろすと,道路向かいの防波堤越しに潮風が吹き込む。 夏は心地よいが,冬はやや寒いか。

とはいえ,練炭で温められ続けるわかめ汁の味は格別。 甘さと塩加減。ともに絶妙。 白飯が欲しくなる。 その食欲をかき立てるわかめ汁が無料ときたからアリガタイ。

無料で振る舞われるわかめ汁を一口すする。 二口目をいきたいところだが,ぐっとこらえて注文するのはツブとタコ。 コイツがうまいんだ。

甘しょっぱいタレとマヨネーズ。 茹で方なのか。焼き方なのか。 タコ,ツブともやわらかく,かつ香ばしい。 想像するだけでよだれがでる。

ネットで紹介されるメジャーな観光地にはない地元臭さ。 一味違う旅情を堪能でき,名物の牡蠣ももちろんいただける。 松島に来たら是非,赤間水産さんのツブとタコを。 (この絶品のツブとタコは,思わずビールが飲みたくなる味です。くれぐれも飲酒運転などしないよう覚悟のうえご賞味下さい)

2⃣松島四大観「富山」

車がないと厳しいんですけど,赤間水産さんへ行くなら松島四大観「富山」もお忘れなく。 富山観音に登る道路が狭いので,車両のすれ違いは要注意。 赤間水産さんと富山観音は車で10分程度の距離なので,お腹の空き具合でどちらが先かを選ぶといいです。

3⃣牡蠣バーガー持参で西行戻しの松公園もヨイ

ひっそりと人気を維持(と独自分析の)している牡蠣バーガー。

コロッケの中につまった牡蠣がクリーミーでうまいんだ。

松島さかな市場で「牡蠣バーガー」を買ったら,そのまま西行戻しの松公園に行くのもよい。

冬なら雪景色が楽しめるかもしれない(ただし風が強いかも)。 春なら桜とともに松島湾が楽しめる(今春,行ってみたい宮城の観光地,私的No.1)。

以上,非メジャーならずもね的「松島観光」のオススメスポットでした。

トーノー 業務用おつまみしじみ 280g(個包装込み)
価格:¥1,551
最高値:¥1,604
最安値:¥1,551
概要:内容量:280g(個包装込み)
牡蠣 むき身 2Lサイズ 1kg ( 約35個前後 ) 冷凍 鳥羽産 牡蛎 加熱用 鳥羽のカキを身入りの良い時期に瞬間 冷凍
価格:¥2,980
最高値:¥2,980
最安値:¥2,980
概要:冷凍生牡蠣(加熱用2Lサイズ)
OWARI ジャンボ生剥き牡蠣 冷凍 1kg
価格:¥2,980
最高値:¥3,980
最安値:¥2,980
概要:【規格・サイズ】生牡蠣(生かきむき身)1kg(正味重量800g) 約30~35粒 【産地】国産
明治屋 おいしい缶詰 広島県産かき燻製油漬 70g×2個
価格:¥1,211 (¥606 / 個)
最高値:¥2,799 (¥1,400 / 個)
最安値:¥1,211 (¥606 / 個)
概要:原材料:かき、綿実油、食塩
宮崎県産 幸徳丸の細島岩牡蠣(生食)3kg(9個〜10個)LLサイズ ☆300g以上の特大岩牡蠣をご堪能!贅沢BBQやギフトにもオススメ!
価格:¥7,480
最高値:¥7,480
最安値:¥7,480
概要:※セット内容 岩牡蠣殻付き(生食可) LLサイズ(300g〜) 3kg(9個〜10個) 牡蠣ナイフ・軍手(片手)・説明書
ぷりっぷりの国産 カキ2L 特大1kg 業務用 牡蠣 (かき)・カキ2L・
価格:¥2,840
最高値:¥2,840
最安値:¥2,840
概要:特大サイズの国産カキ 2Lサイズです
「農林水産大臣賞」受賞!気仙沼完熟牡蠣のミルキーオイスターソース
価格:¥1,558
最高値:¥1,566
最安値:¥972
概要:◆内容量は160gです。
港ダイニングしおそう 広島県産 牡蠣 剥き身 1kg(解凍後850g/大粒2L約26-35粒)
価格:¥2,980
最高値:¥2,980
最安値:¥2,980
概要:【広島県産かき剥き身大粒2Lサイズ】水揚げ量日本一の広島県産のかきです。広島湾の恵まれた環境で育ったかきは栄養豊富で身はぷりっぷりしており深い味わいを楽しめます。
ギフト ご飯のお供 阿部善商店 かきの旨みだし 塩竈 おでん缶 おでん 缶詰 カキ ダシ 塩釜 阿部善 おつまみ 土産 三陸 練り物
価格:¥3,780
最高値:¥3,780
最安値:¥3,780
概要:おでん 缶詰 カキ ダシ 塩釜 阿部善 おつまみ 土産 三陸 練り物
トーノー 業務用おつまみしじみ 280g(個包装込み)
価格:¥1,473
最高値:¥1,473
最安値:¥1,473
概要:内容量:280g(個包装込み)

塩釜・松島の最新記事

読まれている記事