Skip to main content
HOME>仙台のこと>仙台駅でお土産をお探しの方へ ”仙台ならでは”を持ち帰る「三陸珍味ほや」がオススメ

仙台駅でお土産をお探しの方へ ”仙台ならでは”を持ち帰る「三陸珍味ほや」がオススメ

こんなあなたに
仙台ならではのお土産を知りたい人
500円未満のお土産を買いたい人
日本酒好き向けの気の利いたお土産を知りたい人
困りごと
牛タン,萩の月,ずんだ以外のお土産ってないの?
ちょっと気の利いたお土産が欲しいんだけどオススメは?
日本酒好きの人にちょっとしたお土産でいいんだけど

こんな困りごとにこたえます。

この記事でお伝えすること

三陸ならでは。仙台ならではの味覚「ホヤ」。仙台ならではの珍味をあの人に教えたい。そんな方へ仙台駅で買えるお土産を紹介します。

仙台ならではのお土産「三陸珍味ほや」実物写真

まずは実物写真。

一目見てわかるとおり,職場など大勢向けのお土産ではありません。

お値段350円(税抜)。

銘菓のような「ザ・お土産」ではなく,電車に乗る前に缶ビールと一緒に買うタイプのヤツです。「お土産には不向き」と見る方もいると思いますが,個人,特に日本酒好きな方には喜んでもらえると思います。なんといっても,ホヤにしかない「磯の味」は日本酒とベストマッチですから。

たしかに,ほや(特にナマ)は好き嫌いが分かれるんですけど美味しいんです。ナマのほやの味は「鮮度」で左右されます。「三陸珍味ほや」は,乾物なので食べやすさがあります(販売元「横田屋本店」さんでは,旬の初夏にとったほやを加工しているとのことです。下記)。

あの人と突然の来客用に,必要な数だけ買える気軽さ。お土産話に花が咲くと思いますよ。

仙台駅で「三陸珍味ほや」を買える場所

二つ紹介します。

  • NewDays仙台8号
  • みやげ菓撰

仙台駅構内のNewDaysならどこでも売っているわけではありませんのでご注意を。仙台駅2階なら「NewDays仙台8号店」へ。仙台駅(エスパル)地下1階なら「みやげ菓撰」に行きましょう。

NewDays仙台8号

仙台駅改札「中央口」近く。「中央口」を背中にすると右手にあるNewDaysで買えます。

仙台8号店で買うことが多いのですが,他のNewDaysでも取り扱いがあると思います。

みやげ菓撰

エスパル本館地下1階「みやげ菓撰」にもあります。


そもそも「ほや」って何

ほや実物の見た目

これです。

その見た目から「海のパイナップル」とも称されることが多いほや。「パイナップル」というのは見た目だけ。「パイナップル」の味をイメージして口に入れると脳みそが混乱します。味は「磯の味」です。フルーティーなテイストではありませんのでご注意を。

ほやはどんな生き物

ホヤ(海鞘、老海鼠)は尾索動物亜門ホヤ綱に属する海産動物の総称。「ホヤ」(2019年4月7日 (日) 10:50 (UTC)の版)『ウィキペディア日本語版』。

少し難しいので詳しく知りたい方は,ウィキを参照下さい。

宮城県内での売られ方

地域によりばらつきはありますが,旬を迎える初夏になると県内スーパー(鮮魚売場)にほやがならびます。

殻付きほやは,上写真のようにカートに山盛りにされます。値段は1個100円(たぶん養殖)~300円台(たぶん天然)が多いです。

販売元「横田屋本店」

「横田屋本店」さんは,気仙沼市に本社(本店)を置く創業宝永三年 海苔と三陸海産品の店。どんな歴史があるのかと同社ホームページをのぞくと,仙台海苔の開祖「横田屋猪狩新兵衛」のエピソードがあります。

会社案内 横田屋本店ネットショップ
https://www.yokotayahonten.com/p/free-page/page/p/annai/

横田屋本店「海の市店」

悲願とされてきた気仙沼大島大橋が2019年4月7日に開通。さらに2020年には三陸沿岸道路「小泉海岸IC」「本吉津谷IC」間が開通予定。復興途上の明るい話題に活気の湧く「海の市」に横田屋本店さんの店舗があります。

ホヤぼーやのショップ近くに「海の市店」があります。

店内を除くと・・・ありました「三陸珍味ほや」。試食もできるんですよ。

「三陸珍味ほや」で酒がグッと美味くなる

考えてみると,気仙沼に本社(本店)を置く横田屋本店さんの「三陸珍味ほや」を仙台駅で買えるのって貴重。仙台でお土産をお探しの方に是非おすすめします。

仙台の思い出とともに持ち帰る「珍味」。

1000年以上前から食されている「三陸珍味ほや」

パッケージ裏面には「ほや」の紹介が(以下)。

「ほや」は三陸沿岸の美しい自然の海に生息する「ほや科」の動物で,紀貫之(きのつらゆき)の「土佐日記」にもほやの鮓(すし)の話が登場したように1000年以上も前から食されていました。「海花」「保夜」等と名付けられ東北地方では酒豪家にかかせぬ珍味のひとつです。酢の物,天ぷら,山かけ,煮物,お吸物など,料理の仕方によって色々な食べ方があります。当製品は初夏が旬の美味しいほやを原料に使用しています。丹念に手作りで加工した珍味です。お酒,ビールのお友にどうぞ。

創業宝永三年。仙台海苔の開祖「横田屋猪狩新兵衛」による海苔と三陸海産品の店「横田屋本店」さんがつくるほやの乾物。

発泡酒と合わせるおつまみ「割れ柿ピー」。そこに「三陸珍味ほや」が加わえると酒好きにはたまらぬ豪華さが。安酒が,否いつもの酒の美味さが口の中で極上になる瞬間がやってくる。

「三陸珍味ほや」を贈ったあの人に仙台ならではの珍味を,ホヤの磯の味を感じていただけると思います。

本日のらずもねフィーリング

  • いかがでしたか?
  • ふつうなら,牛タンがいいんだと思います。
  • たしかに,万人受けする味とはいいがたいのですが,他にない,仙台ならではの「ほやの味」を持ち帰っていただるおすすめのお土産です。
三陸産 蒸しホヤ 300g-株式会社 三陸オーシャン
定価:
新品の最安値:¥ 2,200
中古の最安値:
乾燥ほや 15g (3袋セット)-横田屋本店
定価:
新品の最安値:¥ 1,500
中古の最安値:
ほやとこのわたの珍味  莫久来 (ばくらい) 山食  (310g)-山食
定価:
新品の最安値:¥ 2,920
中古の最安値:
三陸ほや塩から (200g業務用)-株式会社三陸オーシャン
定価:
新品の最安値:¥ 1,296
中古の最安値:
ソト(SOTO) メッシュホヤ ST-2103-SOTO(ソト)
定価:¥ 2,700
新品の最安値:¥ 1,950
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

仙台のことの最新記事

読まれている記事