Skip to main content
HOME>DIY>雑木の庭>そもそも「雑木の庭」とは

そもそも「雑木の庭」とは

こんなあなたに
雑木を知りたい人
雑木の庭を知りたい人
雑木の庭の良さを知りたい人
困りごと
結局,どういうのが「雑木の庭」なの?
「雑木の庭」にはどんな樹種がいいの?
「下草」は何を選べばいいの?

こんな困りごとにこたえます。

この記事でお伝えすること

そもそも「雑木の庭」とはという話をお伝えします。

「雑木の庭」をざっくり言うと

らずもねが採用した雑木群(落葉樹12種・常緑樹9・下草11種)を紹介します。

ざっくり言えば,「雑木の庭」はここで紹介する雑木群でつくられる庭です。

落葉樹12種

雑木の庭に使える落葉樹12種

常緑樹9種

雑木の庭に使える常緑樹9種

下草11種

雑木の庭に使える下草11種

もう少し詳しくまとめます。

そもそも「雑木」とは

上のリストに挙げた木々を「雑木」といいます。

なぜ「雑木」と呼ばれるか。また「雑木とは何か」を言えば,世の中一般には次のとおり定義されています。

雑木(ぞうき、ざつぼく)とは、人の手によって植林、管理されたヒノキやスギといった建築材料としての利用機会や利用価値の高い針葉樹を中心とした樹木に対して、それ以外の経済的価値の低い広葉樹を主とした雑多な樹木をさす。雑木により構成された林を雑木林と呼ぶ。 「雑木」(2010年12月22日 07:35 (UTC)の版)『ウィキペディア日本語版』。

雑木が与えてくれる「緑の美しさ」「癒し」と「生命力」。らずもねが心底感じた「奥入瀬渓流の美しさ」はつまり「雑木の美しさ」であるわけですが・・・

ゴールデンウィークの奥入瀬渓流で芽吹いた木々に魅了されて感じたこと

上の定義を使えば「”経済的価値の低い広葉樹を主とした雑多な樹木(=雑木)”の美しさ」と言い換えられてしまう。雑木の魅力とその価値を知る者からすれば,「経済的価値の低い広葉樹を主とした雑多な樹木」と切り捨てる言い方には抵抗感を覚えます。「ヤメテくれ~」と大声で叫びたい。ですが,現在,もっともらしい世の中一般の定義がコレ。

「経済的価値」によって「”純”なるもの」「”雑”なるもの」を選別して括る。そんな価値判断で物事を捉える。現代を覆っている考え方・空気・雰囲気・感覚が,こういったところにも現れているようにも感じます。

「雑木の庭」とは

しからば「雑木の庭」はいかに。上の「雑木」の定義を引き継いで「雑木の庭」を言えば次のとおりになるでしょう。

雑木の庭とは
経済的価値の低い広葉樹を主とした雑多な樹木を多用した庭

やはり残念な響き(涙)。

現時点での「雑木の定義」は残念としか言いようがありませんが,単に「庭を楽しみたいだけ」の私たちが「定義(その厳格さ)」にこだわってもしょうがないので,将来見直されることを期待しながら受け入れることにします

ただ,どうしても「世の中一般の定義」と「雑木が持つ魅力」の「ねじれ」を禁じ得ないのであります。

その理由が以下。

持論
愛読書「これからの雑木の庭」に描かれる「雑木の庭」が,私たち人間が享受する「緑の美しさ」「癒し」と「生命力」を反映した適切な「雑木の庭」の定義になっている。間違いない。

「これからの雑木の庭」に学び,DIYで獲得した経験から「雑木の庭を造りたいならコレを読め」と強調する理由です。

「雑木の庭」樹種選びのコツ

らずもねは雑木の庭を造りたいならコレを読めで紹介されている樹種を基本に選びました。何事も「基本に忠実に」ってわけです。

初心者の方でも「これからの雑木の庭」から樹種を選ぶことで,イメージどおりの庭に仕上げることができますよ。

本日のらずもねフィーリング

  • いかがでしたか?
  • 現時点での世の中一般の「雑木の定義」は残念としか言いようがありません
  • それよりも,愛読書「これからの雑木の庭」に描かれる「雑木の庭」のほうが適切だと思うんですよね
荻野寿也の「美しい住まいの緑」85のレシピ-エクスナレッジ
定価:
新品の最安値:¥ 2,484
中古の最安値:
心と体を癒やす雑木の庭-主婦の友社
定価:
新品の最安値:
中古の最安値:
木もれ日を楽しむ雑木の庭 (主婦と生活生活シリーズ)-主婦と生活社
定価:
新品の最安値:¥ 7,640
中古の最安値:
建築知識2018年7月号-エクスナレッジ
定価:
新品の最安値:¥ 1,680
中古の最安値:
暮らしを楽しむ 雑木の庭 (アサヒ園芸)-朝日新聞出版
定価:
新品の最安値:¥ 1,296
中古の最安値:
狭くても心地よい 雑木のある小さな庭づくり-家の光協会
定価:
新品の最安値:¥ 1,620
中古の最安値:
雑木の庭づくりQ&A-主婦の友社
定価:
新品の最安値:
中古の最安値:
1本から楽しむ小さな雑木の庭 (主婦と生活生活シリーズ)-主婦と生活社
定価:
新品の最安値:¥ 6,980
中古の最安値:
雑木の庭百科 (ブティックムックno.1362)-ブティック社
定価:
新品の最安値:¥ 1,650
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

雑木の庭の最新記事

読まれている記事