Skip to main content
HOME>DIY>ヨド物置>端材利用で棚を作り庭の物置内にセットしたら見た目も心も超スッキリでうれしい

端材利用で棚を作り庭の物置内にセットしたら見た目も心も超スッキリでうれしい

1⃣扉を閉めちゃえば押し込んだ物のだらしなさが隠せる恥部

4本目の木ネジを絞めて完成。 除草剤やスプレーの背丈に合わせて作り込んだ棚の高さが思い通りにハマる。 イエス!!! 見て見ぬふりを続けてきた闇の部分がスッキリ。 快心の大掃除。

振返ると階段下収納もそうだった(以下の記事)。

階段下収納のように「扉を閉めちゃえば押し込んだ物のだらしなさが隠せる恥部」は放置しがち。 「扉を閉めちゃえば」で共通する庭の物置内もだらしない状況で放置している。 年末の大掃除に合わせ,こいつを一掃したよ。

2⃣しまっておいた端材のサイズが作りたい棚のサイズにピッタリ!?

20161228_1

目を付けたのがロフトにしまっておいた端材(シナ合板)。 こいつで恥部を一掃しよう。 思い立った今。 この瞬間やらなければ。 また何ケ月,もしくは1年以上放置が続いてしまう。 さぁ,やるぞ。

20161228_2

上写真が物置内の状況(恥部)。

20161228_3

つっこんでいた物を全て取り出す。 そして,棚の天板になる端材1枚と下駄(脚)になる端材2枚をあてがってみる。 おぉ,しまっておいた端材のサイズが作りたい棚のサイズにピッタリ,と言いたいところだが,除草剤とスプレーの上部に余白が生まれた。 「見せる収納」には一定の余白も必要なようだが,いま問題にしているのは物置内のこと。収納量を最大化するのが先決。余白は無用でいかに多くの収納量を確保するかにかかっている。

20161228_4

ということで,下駄(脚)になる端材2枚の高さ方向を5cm切ることに。

20161228_5

練習も含め,らしく切れました。 ノコギリは「迷わず一気に」がコツですね。

20161228_6

木工ボンドで仮に止めて。

20161228_7

4本の木ネジを締め込めば・・・

20161228_8

完成。 棚の天板と下駄(脚)の奥行方向が揃っていないのが端材ならではです(笑)。

20161228_9

意気揚々と物置内にセット。 除草剤やスプレーの背丈に合わせて作り込んだ棚の高さが思い通りにハマる。 イエス!!!

3⃣見て見ぬふりを続けてきた闇の部分がスッキリ

20161228_10

見て見ぬふりを続けてきた闇の部分がスッキリ。 快心の大掃除。 偶然にもおあつらえ向きの端材が使えたのがラッキーだった。 ロフトに保管していた端材は減り,物置内がスッキリ。 こういうのが超ウレシイ。 (という自己満足の記事でした。ではでは。)

その他のAmazon検索結果を見る

ヨド物置の最新記事

読まれている記事