Skip to main content
HOME>DIY>アプローチ舗装>【築1年目】DIYで砕石を入れて均すのって掘削作業に比べたら超楽チン

【築1年目】DIYで砕石を入れて均すのって掘削作業に比べたら超楽チン

これまで実行したDIYの中で最もダイナミックだったのがこのあたりの作業でした。プロからすれば日常茶飯事でしょうけど,路盤材を「ダンプ1台分ちょうだい」ってオーダーした時はカッコよくね?(赤プル風)と感じました。と同時に後戻りできないなと覚悟を決めました。

1⃣路盤材としてダンプ買いしたのがコレ

アプローチ舗装のDIYを完成させなければならない。そんな状況に迫られ試行錯誤していた中,この本の表紙にヒントを得てアプローチ舗装のDIYに踏み切った。 劣っている施工技術によっても「らしく見えるデザイン」であることにはこだわった。それ以上に舗装が波打つように壊れることのないよう「強度」にはこだわりましたよ。

確信とまではいかないが舗装の強度は路盤で作ることに間違いないと踏んだので,路盤はケチらずにしっかり作ろうと考えた。で,選んだのが砕石。クラッシャラン0~40mmだ。

公道の路盤材に用いられるクラッシャランを迷わず選択。計算すれば目安にはなるが,足りるか,足りないかは運任せにして「ダンプ1台分ちょうだい」ってオーダーしました。

2⃣掘削したところへ砕石を入れて均す

20160126_1

人力掘削が重労働でたいへんだってことはこちらをご覧いただければわかると思います。 掘削も砕石を入れて均す作業も,使う道具と体の動きのことを言えば同じ。スコップですくって一輪車に乗せる。一輪車で運んだらその先へザザァっとおろす。一緒です。 でも,なぜか砕石を入れて均す作業は精神的にスゴク楽でした。そして楽しかった記憶があります。 今振り返れば,ダンプの荷台から降ろされて山盛りになっている砕石が見る見る減っていくにつれ,玄関の汚れの原因となっていた泥んこが隠れていく。これが快感だったのかもしれない。

20160126_2

砕石を運んだらザーッ。 不安ながらも覚悟を決めたDIYが目に見えて進んでいくのって,チョ~楽しいですよ。

3⃣路盤の強度やいかに!?

20160126_3

一輪車で運んだ砕石は,一輪車1杯分の小さな山になって上写真のとおり連なりました。

20160126_4

さらにその小さな山をレーキで均す。 均した状態で砕石の厚さをメジャーで確認した写真が残っていました。 強度にはこだわった。そう言いながら,今となってしまっては記憶が曖昧なんですけど,上写真からは20cmくらいは砕石を入れたんだと思います。 砕石を入れた後は,マイカーで繰り返し踏んで転圧しました。

で,肝心のアプローチ舗装の強度はというと・・・私自身も今後の楽しみにしています。つづく。

コンクリート平板 3-30SD ×10枚-(株)石原
定価:
新品の最安値:¥ 9,560
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

アプローチ舗装の最新記事

読まれている記事