Skip to main content
HOME>DIY>アプローチ舗装>【築1年目】重労働の掘削作業を突破して悲願のアプローチ舗装完成へ突き進む

【築1年目】重労働の掘削作業を突破して悲願のアプローチ舗装完成へ突き進む

こんなあなたに
新築するけどアプローチ舗装費用が足りない人
外構工事が決まらないことで着工が遅れるのはもっとイヤだという人
アプローチ舗装は後回しでいいと思ている人
困りごと
アプローチ舗装って絶対に要るの?
どうにか安くならないの?
DIYでどこまでできるの?

こんな困りごとにこたえます。

この記事でお伝えすること

予算がないならDIY。DIYでもこんなアプローチ舗装を完成させられますよ。ということをお伝えします。

らずもねのアプローチ舗装DIY実績

「個人のDIY」のレベルを超えた掘削量にチャレンジして完成したアプローチ舗装は次のとおりです。

【築1年目】発芽が待ち遠しかった芝生が無事生えてアプローチ舗装の完成

【築1年目】発芽が待ち遠しかった芝生が無事生えてアプローチ舗装の完成

ブロック目地の芝が充実してきたら,完成時点よりもDIYの満足度が高まったこともまとめています。

【築4年目】激務で疲弊したオッサンを癒す雑木の庭 喜びはDIYだからこそ倍増する

【築4年目】激務で疲弊したオッサンを癒す雑木の庭 喜びはDIYだからこそ倍増する

アプローチ舗装をDIYするに至った経緯は次のとおりです。

失念していた外構工事の必要性に気づくも検討する余力なし

外構工事が決まらないことで着工が遅れるのはもっとイヤ

いくら外構工事費が足りないといっても「これだけはやっておきなさい」と伝えたいわたしの反省点に書いたところと重複しますが,新築設計を進めていた当時,ハウスメーカとの打合せの中で外構工事のことを完全に失念していたため「結果的に整地すら不要です」ということで外構工事は一切やらないと決断。 最大の理由は「予算を抑えたい」だったが,「作りたい外構(庭)をイメージできなかった」という要素も相当大きい。 家の設計で頭がいっぱいな時に庭作りを考える余裕はなく,物置,植栽,さらに駐車スペース等の機能を考えながらレイアウトして,庭全体を癒しの空間に仕上げる。 そんな検討をする余力はなかった。 いや,時間をかけて考えることもできたけれど,外構工事が決まらないことで着工が遅れるのはもっとイヤだったんです。

玄関が激しく汚れる問題が発生

第3の問題が発生

「整地してなかった問題」「残土どうしますか問題」に加え,泥だらけの庭のせいで「玄関が激しく汚れる問題」が発生。 外構工事をしないことによる第3の問題です。 もともと来客は少ない。 ので,外構工事をしない荒れた土地のままでも恥じをかく場面は少ない。 そう踏んでいました。 けど,予定外の来客があると恥ずかしいんですよね。やっぱり。 それに,積極的にお招きしたい時に,恥ずかしさが先にたって躊躇してしまう。 さらに,靴の裏についた泥で玄関が汚れる。 上に書いた恥ずかしさは時間がたてば忘れるけど玄関が汚れるのはなんとかしなければ。

アプローチ舗装をDIYで 掘削作業を決意

「整地してなかった問題」「残土どうしますか問題」さらに「玄関が激しく汚れる問題」の解消には,庭全体とまではいかなくとも玄関に続くアプロート舗装をなんとかしたい。 いつしか,アプローチ舗装は,家族から「なんとかしてケロ」という切実さを帯びた願いになりました。 悲願のアプローチ舗装をどうにか完成させなければ。

と言っても,設計時に見送った外構工事の費用を工面できるはずはなく,DIYを選択することに。 結果から言うと,コレに掲載されているヤツをヒントに下のピンコロを材料とする舗装を計画。 重労働の掘削作業を突破して悲願のアプローチ舗装完成へ突き進むこととしたのです。

幼稚園児を含む家族4人でアプローチ舗装掘削作業開始

20160124_1

アプローチ掘削作業開始前の状態。 土がてんこ盛りになってるのは,無計画にデコボコしたところを削って積み上げてしまったもの。 無計画が祟り,アプローチ舗装のため掘削する場所に残土を積み上げていたので,まずはこの残土を庭の隅に運搬するところからスタート。

20160124_2

思い返せば,下の子どもはまだ幼稚園でした。 家族4人。 総出で掘っては運搬。 さらにレーキをかけて路盤を整え行きます。

20160124_3

掘削開始から1ケ月後。 雪の降る時期。 土も凍る時でした。 作業は土日が基本。 天候と土の凍り具合を見ながら「今日は頑張るぞ」と思える日だけ掘削を進めた結果,ここまで進みました。

20160124_4

上写真では打ち込まれた杭(木の棒)が確認できます。 おそらく掘削の範囲を確認するのに水糸を張ったんです。 自分でもはっきり覚えてませんけど。

まとめ

掘削作業は重労働。 できることなら避けてとおりたい(掘削量によりますが,まずオススメはしません)。 特に,土が凍る冬は作業効率が悪い。 しからば,春,夏,秋かと言えば,アプローチ舗装なんか忘れて遊びに行ってしまいそう。 今しかない。 やるなら今しかねぇ。 ということで,掘削の後もまだまだ作業は続きました。

アプローチ舗装DIY その後

アプローチ舗装DIYのその後は以下をご覧ください。

【築1年目】発芽が待ち遠しかった芝生が無事生えてアプローチ舗装の完成
ピックマトック(小) 1404-キンボシ(Kinboshi)
定価:¥ 1,650
新品の最安値:¥ 955
中古の最安値:
浅香工業 FG ホームピック 小 柄共-浅香工業
定価:
新品の最安値:¥ 2,470
中古の最安値:
バチヅル 柄付 2.5KG /62-4045-59-トンボ
定価:
新品の最安値:¥ 2,819
中古の最安値:
大五郎 ステン片手鍬 ピッケル型-大五郎
定価:¥ 1,278
新品の最安値:¥ 1,278
中古の最安値:
浅香工業 FG ホームピック 大 柄共-浅香工業
定価:
新品の最安値:¥ 2,832
中古の最安値:
バチツルハシ1.0kg 1.0kgエツキ-トンボ工業(株)
定価:
新品の最安値:¥ 2,400
中古の最安値:
ゴールデンスター ピックマトック (中) 1405-キンボシ
定価:¥ 2,840
新品の最安値:¥ 1,642
中古の最安値:
両ヅル3Kg 柄ナシ-浅香工業
定価:¥ 2,547
新品の最安値:¥ 2,262
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

アプローチ舗装の最新記事

読まれている記事