Skip to main content
HOME>DIY>アプローチ舗装>【築1年目】舗装費用からDIYを選びその施工力の限界から考えたアプローチ舗装がコレだ

【築1年目】舗装費用からDIYを選びその施工力の限界から考えたアプローチ舗装がコレだ

わたしが考えたアプローチ舗装を紹介します。冬を過ぎれば,屋外のDIYに適した春がやってきます。アプローチ舗装のDIYを検討している方,こんな舗装もできますよ。

1⃣こうしてアプローチ舗装が決定したんだ

アプローチ舗装のDIY。 DIYでできること。できないこと。素人には見当もつかない多くの謎がのありました。そんな中,この本の表紙がヒントとなってモヤモヤが晴れました。あきらめるべきものはキレイさっぱり切り捨て(高望みせず),頑張るところは頑張る(体力的にも金銭的にも)。手作りアプローチ舗装の写真は以下に貼ってあります。わたしが,なぜこんなアプローチ舗装に決定したのか。その思考回路が以下。

アプローチ舗装決定までの思考手順

アプローチ舗装の費用について
安さ追求のためDIYで行く
アプローチ舗装のDIYで考えたこと
大量のコンクリートを必要とする施工はムリ
アプローチ舗装の強度で考えたこと
車の重量に耐えらる強度が欲しい
アプローチ舗装のデザインで考えたこと
ホームセンターのレンガ舗装はなんか違う

絶対条件である「安さ追求」によって選択肢は一気に絞られDIYに決定。基本的に1人力(いちにんりき)で施工可能なことを前提条件に置くと,時間との勝負になるコンクリートを大量に使う施工はムリ。「アプローチ舗装」の方式として最初に思い浮かんだアプローチ全面のコンクリート舗装は,この時点で除外。 流布しているDIY本で「舗装」といったら決まって「レンガ(ペイビング)」。

DIYビギナーであるわたしの施工力の限界点は相当低いが,レンガならやれそう。だが,ホームセンタークラスのレンガを並べた一目でDIYとバレてしまうクオリティとなるのは許しがたい。多少の高級感,品格,「えっコレ,手作りなの!?」みたいな仕上がりが欲しい。

そんな欲張りが選定した材料がコレ。ホームセンターで買ったコイツを並べるデザインに決定しました。

20160130_1

強度重視で15cm角のピンコロブロックを選択

ちなみに,なぜこのピンコロブロックを選んだかという話。 一言で表せば強度重視だからです。車が乗り入れてもその重量に耐えられる舗装を目指したわけです。 ピンコロブロックで検索すると,上写真のピンコロブロックよりも薄いタイプのものもあります。DIY施工を思えば薄い(すなわち軽い)ピンコロブロックを並べるほうが簡単です。 が,強度を最重要視しましたので砕石を大量投入して路盤を作りその上に15cm角のピンコロブロック配置することにしました。 なお,可能な限り強度を上げたつもりのこのアプローチ舗装の強度がどれだけのものかは,今も不明のままです(こわくて車を乗り入れられない)。

2⃣鏝を持った時の職人気分が楽しい

主要な材料となる上のピンコロブロックを悲願のアプローチ舗装完成へ重労働の掘削作業を突破して突き進み掘削作業に比べたら超楽チンな砕石を入れて転圧(マイカーで繰り返し踏んだ)した砕石の上に固定します。 材料・工具は以下。

材料・工具

こいつを100個以上買いました。

上のピンコロブロックを固定するモルタルを練るためのフネと呼ばれる容器。実際に買ったものはもっと大きいです。

モルタルをすくって,広げて,表面を仕上げる鏝(コテ)。 これを持った時の職人なった気分が楽しいです。

3⃣高級感を醸し出すために採用した黒い石板

デザインのヒントとなったこの本の表紙。材料を揃えるために市内のホームセンターを見てまわり,ピンコロブロックを使えば実物に近い雰囲気になる感触を得ました。 反面,表紙にある黒い石に見合う材料がなかなか手に入りそうにない。一時期,アプローチ全面にピンコロブロックを並べてしまえばいいかとあきらめかけましたが,ある時,見つけたのが下写真の黒い石板。

20160130_2

安いのかもしれませんが,わたしには覚悟を決めなければ変えない値段でした。それでも何よりこの石板によって醸し出される高級感が欲しかったこと,1枚あたり20kgで一人力(いちにんりき)で動かせる適当な重さとサイズだったことから購入を決定。

20160130_3

ピンコロブロックとともに並べました。 ちなみに並べる時には水糸を張る作業が必要です。 水糸を張る作業の精度と効率向上には以下が有効でした

4⃣アプローチ舗装の強度やいかに!?

20160130_4

既にDIY施工を終えたアプローチ舗装。作業途中に撮った写真が懐かしく感じられます。 このあとは,ピンコロブロックの間に土を入れて芝生のタネをまく作業をしました。このあたりは引き続き記事しようと考えています。 ちなみに,このアプローチ舗装の強度はいまだに確認できていません。確認する方法としたら「車で乗りあげてみる」ことぐらいしかないんですけど,怖くてできません。ではでは。

リンクストーンF 1.5㎡セット (771ニューフリージア)-四国化成
定価:
新品の最安値:¥ 19,067
中古の最安値:
コンクリート平板 6-30SD ×10枚-(株)石原
定価:
新品の最安値:¥ 13,230
中古の最安値:
コンクリート平板 3-30SD ×1枚-(株)石原
定価:
新品の最安値:¥ 2,530
中古の最安値:
コンクリート平板 6-60SD ×5枚-(株)石原
定価:
新品の最安値:¥ 13,230
中古の最安値:
雑草が生えない天然石マット ローマ調 4枚組-ノーブランド
定価:
新品の最安値:¥ 5,072
中古の最安値:
やさし砂鎌いらず 5袋セット-やさし砂鎌いらず
定価:
新品の最安値:¥ 15,750
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る

アプローチ舗装の最新記事

読まれている記事