いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術

デジイチの腕をあげたくて『いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術』を読みました。数あるデジイチのハウツー本からこの本を選んだ理由などを書いています。

デジイチの腕を上げたくて

20140122_3

被写体を左に置くことが多い。これ最近の傾向。
いっぷくのお茶を撮ろうとすると上写真のようにフレーミングしたくなる。その理由を自問自答すると「茶碗を正面からとらえるよりも”空間的広がり”があるから」という答えにたどり着く。
一応、自分なりの考えがあってのフレーミングだから「悪くはない」と思っているんだが、いつもワンパターンだなぁとも。

デジイチの腕を上げたくて、こんな本を手に取ってみましたよ。

手に取ってしまったわけ

20140122_1

これ。『いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術』。この本に惹きつけられた理由です。

『いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術』に惹きつけられた理由
仙台人に馴染み深い「いきなり」という言葉が使われていたから
表紙の女の子がかわいかったから

もしかしたら仙台ルールによって定着したかもしれませんが、仙台人に馴染み深い「いきなり(なまって「いぎなり」と発音することも)」が使われております。「いきなり上手くなる!」という響きが本当に「いきなり上手くなれそうに感じがした」んです。

そして表紙の女の子が可愛い(恥)。
この無防備さ。透明感。なんなんでしょう。
もう一度正面から(以下)。

いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術

かわいい・・・

とにかく撮ってみよう

この本で最も興味をもったところは、著者の苦労話です。
筆者はプロカメラマン。着実にキャリアを積み重ねる一方、気づいたら写真がキライになっていたといいます。その苦境から一転、再び情熱を傾けるようになったこと。そこが面白かったです。

本書では、そんな経験をもつ著者がテクニカルなことよりも、『直感』とか『創意工夫』が大事であることを説いています。「とにかく撮ってみよう」というのです。
デジカメの撮影テクニックを身につけたいと考えていた私ですが、『直感』とか『創意工夫』に重点を置く筆者の主張にすっかり納得してしまいました。

20140122_2

とにかく撮ってみよう。ということで、家内がいけた花をパチリ。
「写真は腕よりカメラだ」と痛感しております。腕がなくても背景をぼかしたりすることはできるから、「らしい」写真が撮れてしまいます。
でも、この写真に込めたかったのは、花をいけた時に感じていたであろう「ゆとり」とか「花を愛でる心」なんです。写真を撮る側の内面を反映させるなんて到底できません。でも、とにかく撮ってみようと思います。

20140122_4

美味しそうなビールを撮りたい。と考えてビールの泡をクローズアップ。
ねっ。やっぱりイマイチでしょ。
メゲズにとにかく撮ってみよう!です。

表紙の女の子は本の中でもちょっとだけ登場してます。かわいい・・・です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

日常風景写真術-ボーンデジタル
定価:
新品の最安値:¥ 2,484
中古の最安値:
写真がもっと好きになる。-SBクリエイティブ
定価:
新品の最安値:¥ 5,995
中古の最安値:
デジカメ時代の写真術 (生活人新書)-日本放送出版協会
定価:
新品の最安値:¥ 33,703
中古の最安値:
ゼロから学ぶ工場夜景写真術-アスペクト
定価:
新品の最安値:
中古の最安値:

その他のAmazon検索結果を見る