Skip to main content
HOME>料理>ヨークベニマルで買ったランプ肉でローストビーフを作る方法

ヨークベニマルで買ったランプ肉でローストビーフを作る方法

こんなあなたに
ローストビーフの作り方を知りたい人
ヨークベニマルで買った肉で楽しく料理したい人
パーティー料理,キャンプ料理を探している人
困りごと
かんたんなローストビーフの作り方ってないの?
ヨークベニマルで売ってる肉でローストビーフ作れるの?
安いけど豪華に見える料理(メニュー)ってない?

こんな困りごとにこたえます。

この記事でお伝えすること

らずもね家,年末恒例のヨークベニマルで買った肉(今回はランプ肉)でローストビーフを作る方法を紹介しています。

一見難しそうな料理でも実はかんたん。その記録,「ヨークベニマルで買った〇〇で」シリーズには,次の5本の記事があります。あわせてご覧下さい。

ヨークベニマルで買った肉でローストビーフを作る方法
ヨークベニマルで買った肉で作ったローストビーフをいかに美味く食うか
ヨークベニマルで買ったランプ肉でローストビーフを作る方法
ヨークベニマルで買ったスペアリブでコーラ煮を作る方法≪2017年元旦 正月恒例の肉料理≫
ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法

ランプ肉。やわらかい赤身肉でほとんどの料理に利用できると言われています。ヨークベニマルで買ったランプ肉は,お値段1000円強(わずかに超える程度)。以前,1000円を切る値段で買った肉でローストビーフを作ったのに比べたら,高くなった印象があります。が,次の手順で大満足の格安ローストビーフが作れます。

ローストビーフの仕込み

時間を確保しよう

ローストビーフを作る度,慎重さがなくなる。よく言えば「効率的」。悪く言えば「ヤッツケ」。そんなテキトーさでも美味しく作れちゃうのがローストビーフの魅力。ただし,一つだけ注意点があります

ローストビーフを作るにあたってのただ一つの注意点
十分な時間を確保すること

ローストビーフは仕込みそのものは”感覚”でできます。しかし,一晩寝かせる時間が必要です。時間には逆らえません。今日思い立って,いきなり作れるものではありません。否,より大胆に行けば,一晩寝かせることすら不要なのかもしれない。

んですが,美味しく仕上げる絶対条件として,時間だけは確保しています。日曜日に食べるなら仕込みは土曜日に。仕込みが土曜日なら食べるのは日曜日,ということです。

寝かせる時間に加え,焼いた(ローストした)後に肉を休ませる時間も必要です。美味しいローストビーフを時間をかけて仕上げる。その過程を楽しむのも面白さの一つです。

20151228_1

今回は,いつもどおりの仕込みを前日に実行しました。

ローストビーフの焼き(ロースト)

20151228_2

プロのテクニックに比べたら粗雑なことは間違いないでしょうけど,”感覚”でチャレンジしても「らしく」仕上がるところがいいんです。 仕込みのために肉塊にさしこんでいたニンニクをはがして・・・

20151228_3

フライパンにしいた油にニンニクを投入。弱火で炒め香をつけます。

20151228_4

次にフライパンにランプ肉を投入。肉は強火で一気に焼き上げます。 上写真にはこまかなニンニク片が写っていますけど,ニンニクは取り除いていますよ。ニンニクは強火で炒めると焦げて炭になっちゃいますからね。

20151228_5

ガンガン焼きます。 ローストビーフ作りを見守る家族からは,「表面だけ焦げて中に火が通らないんじゃない」との声もありました。けど,ガンガン焼きます。確かに肉の表面は焦げます。この焦がし過ぎない,ちょうどイイ頃合いを見逃さずに焼いていく緊張感が面白いところです。

20151228_6

大きめの肉でしたが強火で5分強(たぶん7分くらい)焼いて完了。 この後は,アルミホイルでランプ肉をくるみ芯まで余熱を伝えます。心配された「表面だけ焦げて中に火が通らないんじゃない」の声には,この手順と時間によって応えるわけです。 (今回は大きめの肉だったこともあり,余熱が肉の芯まで届ききらないことが懸念されたため,アルミホイルをさらに新聞紙でくるみました)

ローストビーフのスライス

20151228_7

約3時間寝かせた肉をご開帳。アルミホイルで反射した光が肉汁を照らし神々しい姿。

20151228_8

何度作ってもドキドキするのが,肉のレア度がわかるこの瞬間。

20151228_9

上出来。ブラボー。

20151228_10

正直なところ,肉のレア度まで緻密にコントロールする技術はもっていません。ただ,いつも心にとめているのは「完全に火が通り切ったのはローストビーフじゃない」ということ。ピンク色のレアな部分が残っていないことにはローストビーフとは言えない。もし,あまりに火が通っていない等「失敗」した場合は,潔く焼き直して食べるくらいの覚悟が必要かもしれません。「通ったかな?少し足りないかな?」と心配になるくらいがいいと思います。

20151228_12

スライスの厚さによっても,味や食感がかわりますよ。

実食

20151228_13

さて,味見といきますか。 いつもどおり柚子胡椒を添えて醤油でいただきます。わさび醤油もグッドです。

20151228_14

一回の食事では食べきれない大量のローストビーフが作れますよ。あなたもいかがですか?

本日のらずもねフィーリング

  • いかがでしたか。
  • お金は1000円前後。時間はトータル2日(仕込みから食べるまで)。この条件が揃えば占めたもの。調理方法はかんたんです。
  • ぜひ一度,お試し下さい。

その他のAmazon検索結果を見る

料理の最新記事

読まれている記事