Skip to main content
HOME>料理>ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法

ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法

こんなあなたに
美味しいカツオのタタキが食べたい人
ヨークベニマルの魚を美味しく食べたい人
パーティー料理(メニュー)を探している人
困りごと
スーパーで売られている出来あいのものにはない,美味しいタタキってないの?
ヨークベニマルの魚を美味しく食べる方法ってないの?
普通でいい,でもスゴク美味しい,そんなパーティーメニューない?

こんな困りごとにこたえます。

この記事でお伝えすること

ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法を紹介しています。機材の準備さえできれば,作り方はかんたん。焼ける藁(わら)から立ち上る炎の勢いでテンションマックス。かんたんなのに美味しい。いいことづくめです。

一見難しそうな料理でも実はかんたん。その記録,「ヨークベニマルで買った〇〇で」シリーズには,次の5本の記事があります。あわせてご覧下さい。

ヨークベニマルで買った肉でローストビーフを作る方法
ヨークベニマルで買った肉で作ったローストビーフをいかに美味く食うか
ヨークベニマルで買ったランプ肉でローストビーフを作る方法
今年はヨークベニマルのスペアリブのコーラ煮にしましたよ≪2017年元旦 正月恒例の肉料理≫
ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法

今回は,初の魚料理。藁(わら)焼きによるカツオのタタキです。

ヨークベニマルで買ったカツオの刺身を藁焼きして大量のタタキにする方法

注意事項

はじめに注意事項を。

注意事項
らずもね調べでは,カツオのタタキには一般的に「皮つきの切り身」を使うもようです。「皮つきの切り身」が欲しい方はヨークベニマルに期待しないほうがいいと思います(店舗により違いはあると思いますが,ヨークベニマルの陳列ケースに皮つきの切り身があることは珍しいと思います。仙台朝市でもお目にかかれませんでした)。
藁(わら)がないとできません。また火を使いますので取り扱いには注意して下さい。
藁で焼くため,カツオは藁の灰を浴びますが,焼いた後の氷水で冷やす過程で十分取り除けると思います。
この記事で言う「大量のタタキ」とは陳列棚で市販される「カツオのタタキ」に比べ,以下で紹介するカツオの刺身からタタキを自作したほうが多く食べられますという意味です。残念ながら藁(わら)を買う数百円ぐらい割高になりますが,藁焼きしたタタキの美味しさは段違いです。

食材・機材

材料・機材は以下のとおりです。

食材は全部,ヨークベニマルで揃います。意外と藁(わら)を買うのに苦労するかもしれません(まずは最寄のホームセンターへ)。

食材
ヨークベニマルで買ったカツオの刺身
ヨークベニマルで買った生姜
ヨークベニマルで買ったねぎ
機材
串(藁焼きするためのもの。なるべく長いものがオススメ)
バーベキューコンロ,焚火台など
トーチ(着火用なのでチャッカマン等でも代替可能)
バット,氷水(藁焼きした後に冷やします)
キッチンペーパ,ラップなど(氷水で冷やした後,拭き取り冷蔵庫で冷やすのに使います)

作り方(下準備)

作り方はかんたん。

カツオの刺身に。

串を

刺します。以下の写真から感じ取っていただけますが,串が短いと炎との距離が近くヤケドの危険があります。なるべく長い串を用意しましょう。

作り方(藁焼き)

下準備が終わったら,藁焼きの醍醐味を味わいましょう。

焚火台,トーチ,藁を準備します。

藁を適当にねじって焚火台に投入したら,

トーチで着火。くすぶるようにしか燃えないと思いきや,

一度燃え出すと,一気に炎が上がります。

藁はすぐに灰になってしまうので,その炎と熱を無駄なく使い,

両面をまんべんなく焼きます。

ちなみに,これぐらいの串だと炎の熱で手が熱くなります。水に濡らした軍手をつけてやりましたが,そんなの役に立たないぐらい熱いです。根性で焼き上げましたが,ヤケドのおそれがあるので,なるべく長い串を使いましょう。

長い串を使えば,タタキを美味しくする藁の香りをまとった煙で燻すのも苦になりませんからね。

藁の香りとカツオの香りに満たされた空間に鎮座するカツオのタタキ。美味しそうな焼き上がり。

作り方(焼いた後は冷やす)

焼いた後は冷やしましょう。

藁焼きしたカツオを氷水へ投入。灰になった藁がついていたら,この段階で取り除きます。

氷水からあげたら,キッチンペーパーで水気を拭き取り,ラップをして冷蔵庫で冷やします。

生姜をすっておくと,より美味しくいただけますよ。

作り方(盛り付け)

冷蔵庫で冷やした後は,いよいよお楽しみの盛り付け。

オォ。芯の部分と火の入った部分のコントラストが目に入ると歓喜の声があがります。ローストビーフもカツオのタタキも切る楽しみがあるのっていいですよね。

切って盛り付けてみると,

1本目,

2本目でこんな山盛りに。藁の購入代金(数百円)分,割高ですが,陳列棚に並ぶ市販のタタキに比べると1.2~1.5倍程度のボリュームになります。

藁焼きの香りがカツオの美味さを数段引き上げる

カツオのタタキって,市販のものでも十分美味しいですよね。わざわざ自分で藁焼きするのなんて,面倒ですよね。

ただ,自らの手で藁焼きした者だけが味わえる美味しさがあります。藁焼きの香りがカツオの美味しさを数段引き上げる。これは間違いありませんよ。

食卓では,あまりの多さにどうしようかと思いましたが,お茶漬けにしても美味しい。アゴ出汁(粉末)をかけて,

自家製藁焼きカツオのタタキ茶漬け(アゴ出汁)の完成。

是非一度,お試しを。

本日のらずもねフィーリング

  • 藁焼きした後の「冷やす」手順を如何にクリアするかが問題ですが,バーベキューのレパートリーにもなります。
  • 安全に配慮のうえですが,燃え上がる藁の炎はアトラクション的で面白さもあります(くれぐれもヤケドしないようご注意を)。
  • 何より,その香りと味。一度食べたら病みつきになる。そんな感動が味わえました。

その他のAmazon検索結果を見る

料理の最新記事

読まれている記事