読書によって開花する子どもの興味のタネは意外なところにあるのだ

そもそも・・・と辿っていくと、わからないんです。想像すると、(長男・次男とも動物が好き)→(動物がヨロイを着てる)→(面白そう)という論理だったんでしょう。手に取った1冊の本がきっかけで長男が歴史に興味をもちはじめたという話です。

続きを読む

『しあわせな放課後の時間』を読んだ

普段は滅多に手に取らないジャンルの本を読んだりすることがある。『しあわせな放課後の時間』はそんな風に選んだ一冊。長男と次男の子育てをする上で何か勉強になればとの期待もありました。この本は自分の期待に答えてくれたか、よりも「自分のダメな部分」のほうが浮き彫りになってしまいました。

続きを読む